2017/12/18

杉野千華 個展 親愛


洋画コース4年生の杉野千華さんの展覧会情報です。

「杉野千華 個展 親愛」

会期 | 2017年12月15日(金)〜12月21日(木)(日曜休館)
時間 | 11:00~20:00(最終日は14:30まで)
会場 | 京都精華大学 7号館3階 洋画ゼミ室
〒606-8588 京都市左京区岩倉木野町137







卒業制作展を間近に控えた4年生の個展です。
展示風景を数枚ご紹介します。

見る時間帯によって見え方が大きく変わりそうですね!










今週の木曜日までです。

洋画コース2年生 進級展


洋画コース2年生の展覧会情報です。

「洋画コース2回生  進級展」

会期 | 2018年1月18日(木)〜1月23日(火)
時間 | 10:00~18:00(日曜休館)
研究発表会|1月24日(水)13:15〜17:30
会場 | 京都精華大学 7号館 7-21,7−22,7−23
〒606-8588 京都市左京区岩倉木野町137







大野 詩央里 個展 全ては石のようなもの


洋画コース4年生の大野詩央里さんの展覧会情報です。

「大野 詩央里 個展 全ては石のようなもの」

会期 | 2017年12月22日(金)〜12月28日(木)
時間 | 11:00~20:00(最終日は14:30まで)
会場 | 京都精華大学 7号館 洋画ゼミ室
〒606-8588 京都市左京区岩倉木野町137






2017/12/14

一年生 絵画基礎3 合評

先日は、一年生メチエ科目絵画基礎3の作品合評がありました。

「人を描く」という内容で、自画像、他人の肖像、人体の部位など
それぞれ思い思いの「人」を木炭と油彩で描きました。




制作した思いをプレゼンしていきます。









仰ぐ・見下ろすなどの角度から、その表情、人体と環境との関係など、
つぶさに対象を見つめた作品が並びます。

完成した作品たちを前に、先生だけでなく学生からも
たくさんの言葉が生まれ、合評の場に飛び交いました






今回の絵具作りや、人体を見つめて描いた経験を、
今後の制作に役立ててみてくださいね。

みなさんお疲れ様でした!

2017/12/13

2年生ワークショップ(安喜先生)

12/12の2年生の授業は安喜先生のワークショップでした。


支持体は透明なアクリル板です。


ただ絵を描く、というわけではなく、2人1組になって向かい合って絵を描いています。


このようにアクリル板をお互いに支えながら描き進めます。




完成するまでは相手面は見ないことがルール。

相手の描いた跡を効果的に自分の絵の一部にすることもできますし、逆にこの色・線は邪魔だと思えば隠すこともできます。一度描いたところを拭えば、また違った表情が発見できます。

しかし相手面はこちらから直接は干渉できないので、難しいですね。




一番早く完成したペア。いろんな見方ができそうです。





色を乗せていき、画面が飽和したら削ってみたり…また乗せてみたり。




激しいタッチでどんどん色を乗せていくその裏(表?)ではペンで具象的な表現をしたペア。





描き初めはアクリル板越しに見える相手の服のラインを描いてみたそうです。





3年生の交換留学生と2年生のペア。互いに動きのあるドローイングです。





細かいタッチで少しずつ絵を広げていったペア。
絵具の物質感とアクリル板越しの平坦な色味の見え方の差がとても綺麗でした。





相手に合わせてみたり、かと思えば突然思いもよらないことをされたり。





このペアは時間をかけて一つ一つ丁寧に描いていました。




抽象的な面と具象的な面。





異なる表現をするペアもあれば、近いイメージを描き合うペアもいました。







今まで自分自身と向き合ってきた制作とはまた違った難しさや有意義さを感じられたのではないでしょうか?なかなかできる経験ではないのでここで得たものを忘れないように、今後の制作に活かしてください。

おつかれさまでした。